若き日の料理と10年後

もう10年以上前のことです。シボヘール 効果なし

初めて付き合った人が会社の社宅に住んでいたので、デート以外では彼の家に行く=ご飯を作るという方程式が できつつありました。スキンケア

わたしはずっと実家暮らしで、家で料理をすることがまったくなかったのですが、いちを料理学校に1年ほど 通ったことがあったので、少しくらいはできるところを見せたいという思いから頼まれたわけでもないのに 作りだしてしまったことがきっかけでした。美容

しかし、料理というのは「慣れ」なんですよね。普通のダイエットでは部分痩せというのはなかなか難しい

手際勝負。エクラシャルム お得980円

まず、彼自身も料理をしないので器具も調味料もぜんぜん揃っていないんです。デリーモ

わたしはアルバイト生活中でお金もあまりなかったのですが、デートは彼がおごってくれていたので 彼の家でご飯を作るときくらいは・・・と私が買出しをして持っていっていました。健康食品

何から何までそろえるには、けっこうな金額になってしまいますし、最小限で・・・と思っても 慣れていないので機転が利きません。お嬢様酵素

何度かご飯を作ってみたものの、時間がかかってしまい、彼にも「もうちょっと早く作れない?」 と言われて、トラウマになってしまいました。スキンケア

ずいぶん長いこと、料理を作らないといけないなら結婚なんてしたくないという思いになっていました。スキンケア

それから月日は流れ、この彼とも別れ、わたしは都会で10年ちかく一人暮らしをしました。

適当に料理をすることが当たり前になった今となれば、どーんと構えてやればいい!なんて思いますが。

女にとって、料理って人生に関わるほど重要なテーマですね。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.losttomb.net All Rights Reserved.