目覚めると枕元にいた「贈り物」

これはまだ、私が小学校に入学するよりも以前の話です。脱毛

ある朝、寝ていた私の頬のあたりに妙な感覚が走りました。美容

何かにペロペロ舐められているような感じなのです。エマーキット 口コミ

くすぐったく思い、少しびっくりしながら私は起き上がりました。女性の薄毛 改善

眠い目をこすりつつ枕元を見てみると、そこには予想外のものがチョコンと座っていたのです。美容

ヨークシャーテリアの子犬です。保育士バンク

この子犬が私の頬をかわいく舐めてくれていたのです。キャッシング

まさかの状況に私の心は躍りました。

以前、親類のおじさんと約束していたあることを思い出したのです。

そのおじさんは自宅でヨークシャーテリアを何匹か飼っていました。

今度、子犬が産まれたら1匹うちで飼いたいと私がおねだりしていたのです。

良い子でいたら子犬を届けてあげるよと、おじさんは約束してくれました。

それが今、果たされたのです。

嬉しくなって子犬を抱き、リビングに走ると、おじさんがニヤニヤしながらこちらを見ていました。

何度もお礼を言いながら私は駆けまわり、喜びを全身で表現してみました。

このヨークシャーテリアとは、その後、長きに渡って良き家族として楽しい時間を共にしました。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.losttomb.net All Rights Reserved.