交えてちゃんと相談する事が不可欠です

事故は自損事故と誰か別の人が巻き添えになった自動車事故があります。

己だけの事故のケースではあなたが事故の処理をしてしまえば終わりますが第三者を含めた自動車の事故は互いにどの程度過失が存在したのかを分析し、その結果によって故障した車の修復のお金が示談金の額が決められますので自動車の保険屋さんの有識者にたってもらいやり取りが欠かせません。

一般的な自動車での事故の場合それぞれにちょっとは間違いがある時が普通で一方だけの過失を追及するケースは少ないです。

当然ながら赤信号で止まらなかったり、一時停止で止まらなかったなどは大きな落ち度になりますが、被害を受けた側にもミスがあると指摘されます。

事故の時にはどのドライバーの落ち度が原因かという結論がとても重要なポイントにされますのでその結果をみんなに分かりやすく示したのが『過失割合』なのです。

一例として、前述した赤信号で止まらなかったり、一時停止しなかった場面であるならば、法の上では事故を起こした人にすべての責任があると見えますが、この状況で事故を起こした車が前の方からこちらに向かってきていて自分の目で確認できる状態だったとしたら自動車の事故の被害者でも注意不足があるとして10%ほどの間違いが認定される場合もあります。

言うならばこの状況では相手9割自分1割の過失となって責任が大きな方に間違いが問われる事になるのです。

また自動車での事故の過失の割合前の自動車の事故の判例を基準に決められる状況が多数あり、日弁連の交通事故相談センターから示されている基準が参考として用いています。

このような過失割合で、数字が大きいほど過失、結論として賠償しなければいけない額も大きくなりますから、事故後の交渉は事故に巻き込まれた人だけでなく自動車保険の担当を交えてちゃんと相談する事が不可欠です。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.losttomb.net All Rights Reserved.