www.losttomb.net

私たちの借金というものは、利息と大きな関係があります。 例えばある時に、10万円の借金をしたとします。クレジット会社などからの借金の場合は、それに対してほぼ確実に利息が設定されているものです。大体のクレジット会社では、年利18%以内などで設定されているものです。上記の例では10万円の借金ですので、1年後には118,000円などの返済が必要になってくる訳です。 もっとも、そのパーセントはクレジット会社によって色々数字は異なっているものですが。銀行などは、年利が低めになっているものです。もちろん年利が高ければ、返済をしなければならない総額は高めになってきます。 その年利は、期日などに関係していることも多いです。返済の期日に間に合わなかった場合には、年利が高めになってくることなどもあります。いわゆる遅延損害金です。 何しろ利息というものは、クレジット会社から借りる時には発生することが多いです。ただ「親戚」などからお金を借りる時にその年利などが発生するかというと、そうとは言えません。かなり親しい間柄での借金の場合は、年利ゼロ%になっていることなどもあるからです。 ですので借金に利息が発生するかどうかは、正直ケースバイケースの一面なども有るかなと思います。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.losttomb.net All Rights Reserved.